123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-01-15 (Wed)
皆さん こんにちは

今日は寒いですね
さすがに大島でも雪になりました。

三原山はうっすら雪化粧…
の中に、一段と目立つ山津波の爪あと
 

IMG_2082.jpg
崩れて露わになった山肌に雪がつもって
解りやすくなっています

大金沢の護岸も随分整備されてきましたが、
IMG_2086.jpg 

一方でまだこんなところも・・・。
IMG_2089.jpg 

瓦礫の島外搬出がようやく始まったばかり。
あれから明日で3か月経ちますが、
復興への道のりはまだまだ遠い。

でも、千里の道も一歩からっ!
と、自分を励ますカメリアちゃんでした。


スポンサーサイト
| 台風災害状況 |
2013-12-25 (Wed)
皆さん こんにちは

久し振りの更新です。
今日はクリスマスですね。
いかがお過ごしでしょうか。

あの土砂災害から2か月が過ぎましたが、
このところお客様から
「椿の木は大丈夫?椿油は採れるの?」
というご質問を受けることがあります。
テレビでたくさんの倒木が映されていましたからね。
無理もない心配です。

いったい伊豆大島には何本椿の木があるのでしょう。
一説には300万本ともいわれておりますが…

この疑問を解くべく、3年ほど前に
「ツバキ花数え運動」をしたことがあります。
椿の木に1本ずつこういうタグをつけていくという気長な作業で…
タグ 

3年間でおよそ9万本を数え、そこで企画は終了。
結局何本あるのかは定かにはなりませんでした
 
今回の土砂災害で倒れた木が何本なのかは解りませんが、
その多くは若い杉と、ヒサカキ、ハチジョウイヌツゲなどの
いわゆる雑木だったとのこと。

これには訳があります。
以前大金沢の整備工事をした際に、その護岸に杉を植林したこと、
そして、三原山は海抜758mですが、350mを超えると
雑木しか育たないからだそうです。

今回被害の大きかったホテル椿園さんには
多くの椿があったことは事実ですが、
実際、椿の倒木被害はいったいどれほどだったのか
今の時点でははっきりとは言えませんが、
島全体を考えると被害地域はかなり限定的であること、
さらに倒木の多くが杉や雑木だったことを考えると、
当社としては『
大した影響はない
というのが本当のところです。

ですので、ご心配には及びません。
「生の椿油」は今もこれからも、
伊豆大島の特産品として皆様にお届け致します。
末永くご愛用いただければと思います!


IMG_2064.jpg

せっせと椿が咲き始めています。
見頃は来年2月から3月。
是非大島までお越しいただき、
ご覧いただきたいです。

お待ちしております



| 台風災害状況 |
2013-11-16 (Sat)
皆さん こんにちは

昨日は七五三でしたね。

大島では七五三を盛大にお祝いします。
男の子も女の子も晴れ着を着て
親戚や知り合いを廻ります。

昨日、 当社の社員が娘さんの晴れ着姿を
見せに来てくれました。
なんて可愛いんでしょう
IMG_2006.jpg

実はこのお父さん、消防団に入っていて、
被災直後から半月にわたり、
ずっと捜索活動に参加していました。
本来の消防団の活動は
火事の時の消火や行方不明者の捜索で、
活動時間は最長で72時間なのですが、
今回は特別に長期になったそうです。
当社からも2名捜索活動に参加しました。
連日の活動に、二人ともかなり憔悴していましたが、
原動力は心に秘めた『使命感』。

彼らだけではありません。
島中の消防団員が仕事返上で
捜索に当たりました。

災害救助のプロではない彼らが、
身を粉にして活動する姿勢に頭が下がります。
本当にお疲れ様でした。




| 台風災害状況 |
2013-11-15 (Fri)
皆さん こんにちは

自衛隊が完全に撤収するというので、
大島空港に見送りに行ってきました。
雨の中、大勢の島民が見送りに来ていました。

IMG_2029.jpg 
こんなに車でいっぱいの駐車場は見たことありません。
駐車場に止めきれない車がいっぱい

普段は搭乗客以外入れない、2階の保安検査場内ですが、 
IMG_2012.jpg 
この時ばかりは解放していました。
 
IMG_2023.jpg 
時間の経過とともにこんなに増えました。

IMG_2016.jpg 
3階の展望デッキにも大勢

IMG_2028.jpg 
手を振って送り出す

IMG_2021.jpg 
乗り込む隊員たち

IMG_2019.jpg
プラカードを手にする親子がテレビの取材を受けていました。

IMG_2017.jpg
自衛隊の皆さん 「ありがとー!」
あとは自力で頑張りまーす!





| 台風災害状況 |
2013-11-13 (Wed)

皆さん こんにちは

陸上の捜索復旧が一段落し、
次は海に着手し始めました。
ようやく…という感じです。

まずは元町漁港
元町桟橋と弘法浜という海水浴場との間に位置します。
かなりの土砂が流れ込み、堆積しています。

2週間ほどまえに撮った写真ですが、
IMG_1946.jpg
漁港の奥のごみたまり
よく見ると奥に見える船は座礁している!?

この場所、今日行ってみると、重機で土砂を掘り出していました。
IMG_2000.jpg 
IMG_2001.jpg
このホースの役割はよく解りませんが、
人が海中に入り、さばいていました。


IMG_1965.jpg
海面から突き出た木



そして、何ともひどい有様の弘法浜。
夏になると、人でいっぱいになる海水浴場ですが…、
流れてきた木があちこちで堆積しています。
IMG_1938.jpg 

IMG_1951.jpg
海の家もこの通り


弘法浜には海水プールがあるのですが、
IMG_1962.jpg
海水プールの入口も土砂でいっぱい

 
IMG_1953.jpg
ぐにゃりと曲がったプールのフェンス

IMG_1960.jpg
プール遠景

IMG_1959.jpg
ホバークラフトが上陸するルートの確保のために
かき集められ、積み上げられた瓦礫の山
あれ以来、手付かずです。


来年の夏までに何とか復旧してもらいたい。

この海を見ていると涙が出てきます。
あれから約1か月たつのに、
海はまだ茶色いままです。

IMG_1955.jpg 


| 台風災害状況 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。