12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-08-23 (Thu)
皆さん こんにちは

毎日暑い日が続きますね。
でも、朝晩はいくらかひんやりしてきた大島です。

さて、今日はわが社の「椿農場」をご紹介します。
ここは、椿の品種改良のための実験農場です。
 霎イ蝣エ逵区攸_convert_20110810141125

椿は、実生(種から発芽し成長する)の場合、
実を結ぶまでには5~6年かかります。
本格的に種を採取できるようになるには、
最低でも15~20年かかるとか

そこで、ある程度成長した台木を切りだし、
その台木に穂木を活着させる「接ぎ木」という方法で
より良い品質の木をより早く成長させようという訳です。 

IMGP0942_convert_20110810144935.jpg 
写真中央の白くなっているところが、接いだところ。
上と下で太さが違うでしょ。


椿は日照が少ないと大きくなれません
巨樹の影に発芽した木はそのままでは成長が見込めないため、
台木には、そういう木を掘り起して使用します。
穂木には実をたくさんつける品種の枝を使用します。

活着させるには、熟練の技が必要です。
我が社では何度も専門家の指導を受け、
技を習得した社員がいます。
それでも上手く接げない場合があります。
なかなか難しいものです

この取り組みはまだ始まったばかり。
結果が出るまで、まだ何年か掛かりそうです。

この椿農園で成長した木が島中に広がり、
大島の地場産業発展につながるといいなぁと
楽しみにしているカメリアちゃんでした。


スポンサーサイト
| 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。